紅茶キノコ

紅茶キノコ 1975年昭和50年、世にも不気味な食品が日本中で大ヒットした。

紅茶キノコだ。

一家に一ビン必ずストックしているぐらいに流行した。キノコのような物体と紅茶を混ぜて梅酒の瓶のような容器に入れて家で保存するのだ。

紅茶とキノコの組み合わせ自体がアリエヘンってかんじだが、何故か流行った。第一期健康食品ブームとでもいうのだろうか?味は甘酸っぱい感じだが甘酸っぱい紅茶というのもいかがなものか?まあ可もなく不可もなく数年で流行は去り、それ以降40年日本では忘れ去られている。

なのだが、最近ググってみて驚いた。

なんと、現在アメリカで「KOBUCHA」と称して流行っているとのこと。アメリカ人は昆布茶と聞くと紅茶キノコを連想するようだ。

米 紅茶キノコ

この投稿へのコメント “紅茶キノコ

  • 思い出します〜。あのころブームでしたね。紅茶キノコ。
    我が家にはなかったけど、学校の友達が「お母さんの薦めで毎日飲んでる」って言ってました。
    少しづつ漢方薬のように飲んでいたと思われます。健康に気をつかっている模範的なご家庭でした。

    今、どうなっているんだろう・・・と思ったら、なんとアメリカからの逆輸入で、再び流行っているようです。
    http://cookpad.com/search/紅茶キノコ
    料理サイト「クックパッド」にレシピがいっぱい!
    今はフルーツポンチに入れたり、ドレッシングにいれたりしている。美容目的のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です